2007年09月

サザン加入

つい先日、ゾロ目の歳に突入。

色々な方にお祝いの言葉を頂いたり、嬉しい限り。ありがとうございます。
「ゾロ目は良いことあるよ~。」ということなので、色々妄想して期待が膨らむ。

一人じゃ何も出来ないの、でも基本自力本願ってことで。
愛し愛されて生きるのさ。

芝居みたいに

恋に落ちる3つの「~ing」があるそうだ。タイミング・フィーリング・ハプニング。
予定というものはどうして重なるのだろうか?既に一つ目の~ingを見失っているのではなかろうか、と。
かと思えば、ものの5分の間に三人の友人と(みな久方ぶりの出会い)遭遇したり。と、タイミングの神は匙加減を間違っているのではないかな、とも、何か台本でもあんの?とも思いたくなる。

昨日はなんだか大荒れの世相。
ニュースを見ていると、聞き覚えのあるフレーズ。それは、畠山鈴香の初公判冒頭陳述
この前の舞台で語られていた台詞じゃん、これ。

アァ、ムネガクルシクナッタヨ。

誰か、ロマンチック、○○○

遅れた夏休みを取り戻すことも無く、体調も行ったり来たり。
好機のTSUTAYA半額をフル活用して、DVDばかり観ている日々。
久しぶりの快作「好きだ、」
「tokyo.sora」から大好きだ。
あ~、男のロマンチシズムの塊だ。
そうです、僕も大々ロマンチストです。

新潟からの空一面のハンカチに癒され、資生堂パーラーの飲むゼリー見たいのに癒され、今月は現実的なお芝居を沢山見て、そして大きくなっていくのだ。

あらしのあとに

チェリーブロッサムハイスクール PLAY_3 『まるで算数を知らないこどもたち 』
無事に幕を下ろしました。

今回も沢山のお客様にご覧戴き、本当にありがとうございました。
そして、キャスト・スタッフを始め関係者の皆様にも頭をたれて感謝。

人は様々なことを考える。現実にある事無い事、を時には軽く飛び越えて。
「芝居」だからではなくて、見る事、見られる事、見せる事、見せつけられる事、「見」という事を考え続けた芝居であったような気がする。

そして、前へ踏み出す前に、目の前に広がる世界をそのまま受け入れる、そんな気持ちを沢山もらった。

感謝感謝感謝。

あらしのあとの川原道は、生まれたての子供のようだった。濡れて光って空に手を差し伸べている。
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ