2007年07月

ぼぉーとしてるのはいつまで。

とある用事で立川方面へ。「方面」というのも、あちらの方に地理感の無い僕は、やたらと同じ様な地名がある気がして。

先ずは、ぼぉっとしてると乗り換えの駅を遥かに乗り過ごしていた。で、乗り換えの駅に戻ると、今度はそもそも乗り換えるべき駅を勘違いしていた様で、また途中まで引き返す。
無事に(勿論大遅刻で申し訳なく)用事も済み、次の予定までまだ時間もあったので、ぼぉっと線路沿いを一駅歩く。ところが、この線路沿いが曲者で、途中まで行くと線路に沿ってないんだな。どうやっても線路沿いの道が出てこないんだな。線路の脇には平行して道が通っているものだと思っていたのが大きな勘違い。すっかり歩きつかれたので、一度家に帰ることにする。
僕は「武蔵小杉」で乗り換えるのだが、これがまた、「武蔵○○」という駅がやたら多い。電車でうとうとし降り立った駅は、案の定「武蔵溝ノ口」だった。
もう寝てはいられないと思い、本を取り出す。気付くと「鹿島田」。どこだ。
もうどうでもよいので終点まで行きそのまま折り返し。

そんなこんなの夜の用事は

チェリーブロッサムハイスクールPLAY_3 『まるで算数を知らないこどもたち』
の稽古初日。

そんな始まりです。はい。


おわりはじまり

『ボールは高く雲に入り』
沢山の方に見守られてシーズンを終えました。ありがとうございました。

判っていた事ではあるが、キャッチボールをしない日々が始まって、改めて、一緒の時間を過ごして、同じものを追いかける、という事の尊さを感じたりする。
今回も出演者、スタッフ、見て頂いた方、全てに感謝、感謝、感謝。
嬉しい出会いが幾つもあり、台風一過の六本木の朝焼けの先に砂丘が見えた気がした。

天災の報道があり、知人に声をかけ、幾つかの無事を確認する。「幾つか」は全てではない。

夕方渋谷でライブ。時間までブラブラと。
代々木公園では長野から毎週上京しているらしいシンガーが唄う。その心のうちでは何を思うか。
ライブハウスでは、歌い手の声に乗って300ほどの人がそれぞれの想いへと飛ぶ。その心のうちでは何を思うか。

今ここにある想いと、今ここを離れていく想いと。
表現することについての可能性をぼんやりした頭で考える。

ノワールだろ

地下鉄を降りて地上に上る。六本木交差点を信号待ち。
道行く黒人が、三車線の真ん中に停まったバイクに跨る黒人を見つけ駆け寄りハイタッチ。
あぁ、純然たる六本木なんだなぁ、裏切らないなぁ、と思いきや、信号は青へ。
一瞬にしてそこはクラクションの嵐。
何故か強気に交通誘導する黒人。
ウォークマンをはずせばファ○ク!ファ○ク!の怒号とクラクションの渦。
ウォークマンをつければドビュッシー。
こんなカット見たことあるな~、何だったか、スパイク・リーか、違うな、何だったか・・・

とっても綺麗な光景だったのです。

蛇の目

六本木リーグは波乱万丈な試合展開を迎えつつ休演日。筋書きの無いドラマ。
あるんですけど、ないんです、筋書き。
毎日きらめく汗と脂汗(2:8)を輝かせ、沢山のお客様に声援を頂いております。

休演日の今日、高校時代の後輩ととある打ち合わせを兼ねてランチと思いきや、すっかり横浜探索の一日。
その後輩はかなりおきゃんな娘(慎みはあります)。立ち寄る店々には全く偶然にも、ことごとく旧友が働いていたという霊的な出来事もありつつ、すっかり僕の野球肩も機嫌を直してくれたよう。
彼女が生き急がないように、と二日遅れの心の短冊に書きつける。

つまるところは良い休日でした。

明日からまたロードに出ます。

俳優座劇場プロデュースNo.75 『ボールは高く雲に入り』
2007年7月15日(日)まで。

是非お越しください!

六本木リーグ開幕

さてさて、久々の更新までの間に色々な事がありました。そりゃそうだ。

で、今日から始まります。

俳優座劇場プロデュースNo.75 『ボールは高く雲に入り』
2007年7月5日(木)~15日(日)

六本木交差点から徒歩10秒で野球観戦。いかがですか?
是非とも足をお運びください。
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ