2007年03月

抱きしめるものは。

春めいた日が続く。

とある書き物をお願いしに渋谷へ。いつもいつもありがたいお言葉を頂く方。他愛もない話を美味しい昼食とともに。この人と話をするといつでも気持ちが新たに正される。
稽古まで時間があったのでどうしたものかと。で、ぶらぶら恵比寿へ。途中雑貨屋でアロマオイルが爆発するというありえない状況のなか、とにかく強烈な匂いを身に纏いつつ「〝TOKYO"マグナムが撮った東京」。短い表現の中でぎっしり詰まった東京。今、「時代」というキーワードを中心に据えた日々を送っているのでかなり刺激的であった。

稽古はそろそろ転換期を迎えるのかな。当たり前のことだがしっかりと足元を正して、今見ている風景の向こう側へ飛ぼう。とにかく全てのモノを前へ前へ。

風は冷たくもあるが。

ひょんな思い違いから来週はゆったりとしたスケジュールになってしまった。嬉しい誤算。でもやることは山積み。稽古もだんだん佳境に入っていくだろな。

土曜日は久方ぶりの友人と、仕事でお知り合いになった方と、銀座で北海道飯食う。奇遇なつながりだが、こういうのは縁なんだな。嬉しい縁。たらふく食べる。

日曜は横浜へ。笠木さんの作演デビュー作、「アデュー」を観に。便乗で中華街で肉まんを仕込み大桟橋で平らげるというホリデイを満喫しつつBankART Studio NYK。昨年のモーターサイクル・ドン・キホーテの稽古を思い出しつつ、すると小田豊さんもいらしていたりで嬉しい再会。なんだかんだであれはもう一年前か。早いな。
そういえば、土曜日にご飯を食べながら、「子供の一年と今の一年の時間の過ぎ方は違うね~」という話で、ある地点を1とするとそれ以降は年齢に比例して時間の速度は上がっていくみたいな話を聞いて、似たような話も色々とあって、何だか科学的?医学的?にも証明されているらしいけど、実はもっと異なった力が働いている気がしてならない。

で、「アデュー」は物凄く笠木さんな舞台。「私小説」ならぬ「私演劇」とでもいうのかな。四人の女優とテルミンの調べと。でも見えるのは「笠木泉」というのかな。どんだけ力強いんだよ笠木泉!空間と映像と音楽と。心地よい午後。
ロビーでは違うワークショップでいらっしゃった矢内原美邦さんとばったり。この前のニブロールの時に話せなかったので、これまた嬉しい。
帰りには思わぬ衝動買い。
もうI Love Yokohama!

夜はカレーを大量に仕込み、ご近所さんと平らげる。

場所も時間も人も天気も胃袋もお財布も物凄く贅沢なこの週末。

明日からまた稽古は続く。

菊池桃子よりもかわいいよ。

EXPO'85 と時を同じくして、チェリーの看板女優、渡部ラム嬢による「ラム万博-ラ・ムー‘07」が開催されるらしい。
全貌は出演者にも全く明かされていない。全ては看板女優の細腕とチェリーのエンジニアでありブレーンのジュニアハイスクール荒川氏の手の内にある。
久々に稽古後に一献と思いきや、そこは彼らの極秘ミーティングの隣席にだったので、ある事ない事吹き込んで。
あ~、無駄な思考ほど楽しいものはない。

やる気、でた。

ほぼ一年ぶりに大先輩のKさんと神楽坂でゆるりとお話をする。
演出家であるKさんは、いわば僕の師匠(なんて言うと嫌がられそうだが)であり、友人(なんていうとおこがましいにも程がある)であり、芝居のなかで僕にとっての一つの原風景を見せてくれた方だ。
何でこの人なんだろか、と思うのは、やはり、良い時も悪い時も、自分に対する明確な指針があるから。人との繋がり方が魅力的だから。
今日子さんの話だったり、劇団のあり方だったり、色々と。激しく美味しいちゃんこをつつきながら、取り止めのない話。
同期の内藤とお腹も胸も膨らませて家路につきましたとさ。

アトムの世界

ニブロールの公演を観にお台場へ。相変わらずカッコイイでした。肉体と効果の狭間で色々と考える。
その後友人とお台場をプラプラ。なんか人の匂いのしない土地は寂しい。ここに自然とあるものなんてないのじゃないかなと思ったりもし。
お茶をしながら、浅野君は十分演出家であることを再認識してもらう作業。不思議な人だ。

今日は近代美術館の柳宗理展へ。最終日&無料開放日で人たっぷり。柳宗理プロダクトは売っているものが多いので、雑貨屋気分で普通に手にとりそうになる。人生二度目の皇居へ出陣し。二の丸から丸の内を眺めると7つも建設途中のビルが目に入る。どこまで建てるのだろうかTOKIOよ。

良い週末。
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ