2007年01月

放物線の先

週末はのんびりと稽古をするようになったのだ。のんびりとした稽古というのは今まで想像がつかない、というか、そんなもんあるのかと思っていたが、まさしくのんびりとした稽古なのだ。
そういう趣旨で始めたから、それはもうとことんゆるくやろうと思いつつ、どこかで気を張っているところがあるようで、終わるとそれなりにくたびれている。が、気の置けない人たちとの集まりなので、どこまでゆるゆるでいれるかという事を実践していきたいな~と。

所属している集団の卒業公演を観に行ったが、「あの頃はな~」と自分の過去を振り返るほどの感慨もなく、普通に観る。思うところ色々。
その後、これまた気の置けないGUYSとマック調達して隅田川でキャッチボール。オープンハウスを間近に放っては掴んで。最後はお決まりの川ポチャで終了。まだまだ青春だ。

朝靄の中

久方ぶりの友人から喜ばしい報せが届く。
目出度いぞ!と思いながら、どうして自分もこんなに嬉しい気持ちになるのかなと、ふと思う。で考える。
日々を過ごしていて、漫然と過ぎていく様でそれは、小さなもしくは巨大な断片の積み重ねで、その瞬間は気にもしなかったことが二度と訪れない瞬間で。
大事な人はその時々で変わるものかもしれないけど、それはただ単にそういうタイミングであって、大事じゃなくなるわけではなくて。今まで共に過ごした人や、道をたがえてしまった人や、二度と会わないであろう人や、今共に歩んでいる人や。
で、うまくいく事は思い煩うこともなく、失うものは心に残り、それらは自分と他者の間に漂い続けながら、その漂っているものが世界を作っているのかなと。
そんな事を、話しながら考えていると夜明けが訪れるのであった。


気にもしてなかったが。

おいしいものを食べる。
夜が遅いのでもっぱら外食になる。
外で食べると必然的に人と顔をあわせて食事をいただくことになる。
おいしいものを食べる。
鍋だったり、鍋だったり、鍋だったり。
鍋ばかり食っている。
鍋もまた必然的に顔をあわせていただくことになる。
どちらもおいしくいただける。
食べるという行為はおもしろい。食べているのを見るのはおもしろい。
人が作られている瞬間だ。
消えた分だけ付いていく。
肉だったり、言葉だったり、笑いだったり、思い出だったり、贅肉だったり、肉だったり。

とある試写会にご招待いただいた。正直どうかな~?と思っていたのだが、驚きの楽しさ。単純すぎるストーリーなのに、観終わった後に全く説明できないパラレル。「カッコイイけどくだらない」のと「カッコイイのにくだらない」のと「カッコイイしくだらない」のと「カッコイイ・・・くだらない・・・」のと、と考えてもどこにも当てはまらないくだらなさ。とにかく笑ってしまいました。GW公開らしいです。僕はまた観ますよこれ。

ゆっくりと稽古も始まる。
ゆっくりと考えもする。
ゆっくりと出会いもある。
ゆっくりとゆっくりと。
川の流れが速くても。
ゆっくりと、ゆっくりと。
ゆっくりと語らいあう。
ゆっくりと眠る。
ゆっくりと暖める。
ゆっくりとゆっくりと。
いそいでいる足元をみつめて、
つぶやいてみる。
肉を食え肉を。

やっとこやっとこ

ネットが繋がりました。近年稀に見るスローでDIYな年明けから、少しずつ少しずつ、時間の流れを取り戻し、今更ながら「24-first season」を見倒し、角田光代や谷川俊太郎に埋れ、そしてコレを見て完全に復活!本では見たことあったけど、あれだけ並ぶと圧巻。そのほかの展示も趣き深いのであった。

今年は幾つかの舞台と、定期的に続けていこうと思っている作品と、勉強することと、を、ゆっくりと整理して、沢山の煌きを残して生きたい。

出会うために人は生きるのだ。
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ