2006年12月

変化

心を揺さぶられるものが確実に変わってきている。それは、仰々しいものではなく、日々のかけらの中で気づかなかったことや、今までは心の底で振り回されていたことや。
ただ、「一度めぐりあった人と二度と別れる事はできない」というフレーズにひどく肯いてしまうのは、男性的な部分で考えるからなのかどうなのか。


何もかもがプレゼント

ご無沙汰してました。ほぼ一月ぶりの更新です。この一月の間でかなり色んなことがございまして、それは日に日に色褪せ、やせ細っていく銀杏の木を身近に見ながら、その実やせていくのではなく、次なる季節への飛び出していく為に反動をつけている様にも感じられて。そんなタイミングでいい環境に飛び込めたかな。

いくつかの個展や展覧会に足を運び、各々に知らない世界を覗き、暖かい気持ちになり、やるせない想いに囚われ、いくらかの未練と踏ん切りに直面しもした。
いくらかの舞台を観、失望もし、ときめきもし、それがこの時期に当てはまって本当に良かった。

嬉しい知らせがいくつかあれば、耐えがたい別れも幾つも重なり、ただ思う事は、時は澱むことなく流れているという事。いくら自分が立ち止まっても。
背中を押してもらいたい気持ちは本当の自分ではないのだ。いつでも踏み出す足は誰でもない自分のものだ。

岩崎家四世代が大集合し、思いがけず祖父母、父母の近くて遠い話に耳を傾け、家族だったり兄弟だったり、血とその周辺の話を大笑いしながら聞く。そして、当たり前だが親兄弟も一人の人間であるということに、とても安心し、それが当たり前のことに嬉しくなる。

時節柄プレゼントをあげる機会が多いのがなんとも嬉しいのだ。

記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ