2006年10月

風とともに去りぬ

今日の風は不思議と沢山のことを思い起こさせてくれた。風の運んでくる匂い。

まず一番はNさんの事で、Nさんは一見そうは見えないが、昨日たろうさんをみて、Nさんだな~と思いもしたのだ。見かけも動きも早さも出てくるものも何一つ似てはいないけど、その源泉はどこかで繋がっている匂い。

で、Kさんのことも思いもし、あんまり会うことはないけれど、逆にいる人だけど(同じ人はいないだろうが)、僕はKさんの書く文章が好きで、それは全くもって真っ直ぐで、余計なものが全くなくて。不器用というけれど、不器用ほど魅力的で素敵なツールはないと思う。そして、Kさんが文字にしていることは心地よくも羨ましくも痛くも身に沁み込んでくるのだ。そんな匂い。

そして、残り二ヶ月でやらなければいけない事をはっきりさせてくれた。それもある人の匂いを沢山吸ったから。

谷川俊太郎「はるかな国からやってきた」を読んでいる。一日に一つの詩。一つしか読まないから感じることがきっとある。一つにこめられた思いをゆっくりと。とても贅沢な読み方だ。

岡本太郎は人間だ。ver2


想わずして人は人たらん。想えば想うほど人の人たるや。

大事な人を、大事なものを、そのまんま全部を大事にして。

それでなきゃ生きてる意味はないわな。

太郎さんよ、ありがとう。

それで、いい。

いろいろな経緯と勢いで、今、かなり大々的なとあるイベントのプレゼンテーションの企画・制作的なことをやっている。何せそんなことは見たことも考えたことも一度もないので、気がつくと日付が変わっている毎日。久々にぷちっと音がして思考のスイッチが切れる感覚、でも朝しっかり目が覚めるところを考えると、まだまだいけそうだ。かなり怠けた暮らしを送っていたのだな。。。

というのも、やってみようと始めたものがやっと見えてきて、そうすると俄然元気になり、もっともっとクオリティをあげたくなるもので。
今週の水曜日が本番で、あと3日、寝ないでもいけそう。寝るけど。
なので久々にこいつも更新できました。

時間の使い方だったり。デザインだったり。知らないことをが沢山ありすぎて。

知らないことを知って、それでも知らない事だらけで、でも知らないことが多いのは、もっと沢山知ることができるから、いい。

あらしの夜に

初めて自分の劇団の芝居を宣伝します。「ロンサム・ウェスト
良い所も、好きにはなれないところも、全部ひっくるめて観て頂きたい芝居です。

僕は新劇の劇団に所属しているが、その事についていつも、喉に刺さってはいないが引っかかっているかもしれない魚の小骨の気配の様な、そんな気にしだしたら止まらない違和感の様なものを覚えていて、それは、自分の勉強不足や、先入観もあるだろうが、皮膚感覚で感じるところで、何処に行ってもムニムニとしているのだ。

で、この作品は、俳優として物凄くチャレンジしてみたい要素が詰め込まれている。俳優冥利に尽きる作品だな~と。
演技のあり方として物凄く真っ当な王道な、「会話劇」の一端をこれでもかと見せ付けてくれる。力量がこんなにも目に見える形で提示される事は恐ろしい。が、ワクワクした。

ですから、皆さん、是非観て、その空気が、どう届くのか、感じて、教えて、頂きたい。

どうかよろしくお願いします。
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ